非破壊検査 / 赤外線調査

構造物調査・診断・測定

オフィス 松本

072-762-6015

072-762-6015

mobile
090-8377-4960

fax
072-762-6016

外壁赤外線調査

外壁赤外線調査

Infrared investigation of the outer wall

平成20年4月1日から建築基準法第12条に基づく定期報告制度が変わりました。
これに伴い、特殊建築物等は竣工、外壁改修等から10年を経てから最初の調査の際に全面打診等により調査が必要になりました。全面打診ともなると調査費用が高すぎて、金銭面で折り合いがつかない等の質問が建築安全協会や特定行政庁等に多く寄せられているのが現状です。

調査費用については、足場設置による全面打診やチェアゴンドラ、ゴンドラ等を使用した全面打診となりますと、長期間必要で足場設置費用やゴンドラ使用料に加え、安全対策費も別で負担しなくてはなりません。
そこで、外壁赤外線調査で行う事により足場設置費用やゴンドラ使用料といった高額な調査費用が一切かからず、極めて安全に作業ができ、安全対策費もかからないため低料金かつ短期間で調査可能です。

外壁赤外線調査

使用機器

弊社で使用している赤外線サーモグラフィーはFLIR社製B620を使用しており、世界シェア60%を誇る一流ブランドで最高ランクの機器を使用しております。

機器名 FLIR社製 B620
高解像度 640×480 ピクセル
温度分解能 0.04℃(30℃にて)
画素数 320万画素(デジタルカメラ使用時)
視野角 24°× 18°(標準レンズ)
最小焦点距離 0.3m
温度レンジ -40℃~+120℃
温度精度 ±2%(読取値)
標準レンズ 24°× 18°/ 0.3m
2倍望遠レンズ 12°× 9°/ 0.9m
備考 フュージョン・ピクチャーインイクチャー等
使用機器

外壁赤外線調査方法

赤外線サーモグラフィーは非接触型の機器を使用し2次元情報をリアルタイムでスキャンできる特徴があります。

外壁にモルタル・タイルの浮き(空気)が存在すると浮き(空気)部分に外部からの太陽エネルギーが蓄積され、表面の放射エネルギーは周辺部より高温となります。

外壁赤外線調査は赤外線サーモグラフィーを使用して、放射エネルギーを 表面温度に変換し計測します。この表面温度の違いを画像解析し、浮き箇所を特定する方法です。


弊社では建築物の外壁の浮き、ひび割れ等を赤外線調査、目視調査及び 部分打診調査を併用する調査方法を用いています。

外壁赤外線調査方法 外壁赤外線調査方法

赤外線調査実例

可視画像

可視画像
arrow
滞水の可能性が認められる画像

滞水の可能性が認められる画像

可視画像

可視画像
arrow
モルタル面での浮き画像

モルタル面での浮き画像

可視画像

可視画像
arrow
タイル面での浮き画像

タイル面での浮き画像

調査・診断フロー

flow

  • 診断のご依頼
  • 目的の確認
  • 予備調査
  • 調査計画見積もり
  • 調査契約
  • 現場調査
  • 解析・評価診断
  • 検 討

まとめ・報告書作成・改修改善工事の計画へ

調査・診断フローの詳細につきましては、お問い合わせフォームまたは直接ご連絡をお願い申し上げます。

sekigaisen_img018
※1予備調査
  1. 設計図書(竣工図)
  2. 補修履歴
  3. 管理規定・修繕計画(有無と内容)
  4. 法的検査記録等
※2調査計画
見積もり
  • 調査目的 
  • 調査機器
  • 調査項目
  • 調査要項・工程
  • 調査方法
  • 調査範囲・箇所
  • 調査原理
  • 報告書仕様書
※3解析・評価
診断

建物躯体調査

  • 外壁赤外線調査
  • コンクリート調査
  • 配筋調査
  • レントゲン調査
  • かぶり厚調査
  • 中性化深さ測定
  • 塩分濃度測定
  • シュミットハンマー試験
  • 躯体強度(圧縮強度試験)
  • 引張試験(タイル等)

非破壊検査

  • 超音波探傷検査
  • 超音波厚さ測定
  • 溶剤除去性浸透探傷検査
  • 放射線透過試験
  • 内視鏡調査
  • 磁粉探傷試験

測定

  • 環境(ビル管法 / シックハウス)
  • 騒音・振動測定

その他

  • 家屋調査
  • 橋梁調査
お見積り。お問い合わせはこちら
  • 画像
    • 非破壊検査 / 赤外線調査
    • 構造物調査・診断・測定
    • オフィス 松本
  • 〒563-0032
  • 大阪府池田市石橋1丁目15-16
  • TEL. 072-762-6015
  • FAX. 072-762-6016
  • mobile. 090-8377-4960
アクセスはこちら